ひよこクラス 第7回 吠えで隣の人から苦情が来ました/犬しつけ教室を東京都港区でお探しならファミリーナガーデン南青山・ペットホテルも!

HOME > ひよこクラス 第7回 吠えで隣の人から苦情が来ました

ひよこクラス 第7回 吠えで隣の人から苦情が来ました

ひよこクラスブログTOP.jpg


よくある疑問にお答えしていきます
chick吠えで隣の人から苦情が来ましたchick

パピーとご家族の皆様、お元気ですか?
社長の堀越ようこです



犬は本来あまり吠えません
(「犬の自然界での育ち方」)

自然界では吠えると見つかってしまうからです
ではなぜ吠えるようになってしまったのでしょう?


実は犬は絶えず飼い主様の反応を見るために実験をくりかえしています。

吠えで困る場合、
吠えてみたら(実験)、
大好きな飼い主様が構ってくれる(結果)と学習してしまい

人に構って欲しくて吠えるようになってしまうのです。

これを「要求吠え」と言い、
幼犬ではたいていここから吠えが進みます。

とにかくパピーは
飼い主を振り向かせることを
ずっと求めています



※個体差はあります
 実際には個別にアドバイスを組んでいくので
 安心してお読みください





構ってるつもりはないのにchick

多くの場合、
飼い主様は構っているつもりはありませんsign03

しかし、以下のように反応していませんか?
・「どうしたの?怖くないよ」と飼い主が近寄る
・「ダメよ!」「シー!吠えないよ!」と声をかけ叱る
・振り返る
・視線を向ける
・固まる(これでも!?)

これも全て反応があったと考えるのがパピーなのです




Q.ではどうすれば良かったの?

A.「無視」をして下さい。

自然界の犬同士では、集団のルールとしてワンワン吠えたら敵に見つかるので無視します
このまるで居ないかのような完全無視:自然界の様子をまねして下さい。

<改善のスケジュール>--------------------------
まず、無視して要求吠えをリセット
次にリバウンドしないように予防・・この順です。

<要求吠えをリセット>
どんな場合でもパピーが吠えたら、何も聞こえない見えないように振舞って下さい。
クレートの中だったら、そのまま過ごして下さい。
フリーで足にまつわりついてきたら部屋から出ましょう。

まるで無視するなんて、どんな飼い主様にとっても苦行です。
でも、この時期をグッとこらえて、犬がみずから興奮を抑えられるまで待ちましょう。

無視していると、だんだん吠えが激しくなります。
これは癇癪(かんしゃく)を起こしています。
飼い主様にとってここを我慢するのは非常に大変ですが
とうとう吠える実験の終わりが近づいているサインです。
吠え続けている犬は効能をまだ信じているので
「おかしいな~?もっと吠えてみよう!」
と、自販機から買ったコーラが出てこない時のように、あちこち叩いたりなんだりして癇癪を起します。
しかし、最後の癇癪が終わると嘘のように吠えなくなります。
犬は無駄な事はしないのです。きちっとやれば2~3日で収まります。

<リバウンド防止:予防>
みごと吠えがリセット出来たら、吠えを予防していきます。
興奮させるなど吠えるシチュエーションを極力排除し
自ら興奮を抑えられる状態を定着させていきましょう。

<ご近所対策>
要求吠えが強くなっているワンちゃんでは、吠えても反応しないという時間を半年スパンで置くことになります。ご近所にはトレーニング期間であることを挨拶しておくといいでしょう。

<まとめ>
吠えている場合は無視をして構わないようにする。
無視は意外と難しいが、徹底する。
一度始めたら最後まで頑張る
最後の段階が激しくなる。
絶対NG:大きな声で叱ることや、クレートをたたく事は構っていることに・・・。
自分からこれは効果が無いと思ったら、犬は吠えなくなります。
その後はなるべく吠えるシチュエーションを作らず
自ら興奮を収めることを定着させていきます。






さぁ パーフェクトパピーへの道を
いっしょに進みましょう!
パーフェクトパピー.jpg


弊社で使う「パーフェクトパピー」とは
「純粋な」子犬という意味です。






l株式会社フロムパピー 代表取締役社長  堀 越 葉 子

堀越社長の応援ブログ リンク集(だんだん増える)



  • instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • アメブロリンク